6万円以内!ソロキャンプの一日の流れと最低限必要な道具一覧

こんな悩みの方に向けての記事です。

・ソロキャンプの一日の流れが知りたい

・色んな道具がある中、何を買ったらいいのかわからない。

・ソロキャンプに最低限必要な道具は?

・初心者におすすめのキャンプ道具は?

今回は、ソロキャンプに挑戦してみたいけど、一日の流れがよくわからないし不安…

どんな道具を買ったらいいかわからない…

という方に向けて、一日のキャンプの流れと、最低限必要な道具についてまとめてみました!

★ソロキャンプ必需品リスト★

・テント・シュラフ(寝袋)・マット・チェア・テーブル・ランタン・焚火台・焚火シート・トング・着火剤・ライター・グローブ・クッカー・スキレッド・調理道具(まな板・包丁・カトラリー)

総額:59,058円(2023年7月現在)

チェックイン

まずは、自分が泊まるキャンプ場のチェックインを行います。

キャンプ場っていつから入れるの??

キャンプ場のチェックインは13時以降が一般的です!

初めてのソロキャンプの場合だと、テントの設営や焚火の準備など、思った以上に時間がかかるので、遅くても15時までにはチェックインをすることをおすすめします!

テント設営

チェックインの後は、テントやタープなどの組み立てに時間のかかるギアを設営していきます。

1. テントを設営する場所を決める

 ポイント1:フラットな場所を選ぶ

地面がフラットな場所を選びましょう。傾斜があると、寝るときにバランスが悪く、眠りが 浅くなる原因となります。

テントの下に枝や小石があると、グランドシートを傷つけてしまったり、就寝時に寝づらかったりするため、取り残しがないようにしましょう!

 ポイント2:水場やトイレとの距離を考えて場所を選ぶ

近い場所を選ぶと確かに便利ですが、人の出入りや音が気になり、キャンプに集中できなくなってしまう可能性があります。逆に、遠すぎても水を汲む時や、トイレに行くときに不便です。

おすすめは、キャンプ場を見渡して人の流れが少なくて、なおかつそれらの施設に程よい距離の場所を探しましょう。

2. 実際にテントを設営する

テントを立てる場所が決まったら、実際にテントやタープを設置していきます!

初めてのキャンプの場合、テントの設営は思っている以上に時間がかかります。

これからテントの購入を考えている方は、できるだけ設営しやすいテントを購入することをおすすめします。

どんなテントがおすすめなの?

ズバリ、ソロキャン初めての方におすすめのテントはこれ!!

  • コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST

価格:14420円

3. 椅子やテーブル、寝袋などその他のギアの準備

テントの設営ができたら、椅子やテーブル、ランタンの準備をします。その後、テント内にマットや寝袋の準備を行います。

椅子やテーブルが必要なのはわかったけど、どんなのを買えばいいのかわからない、、、

心配ありません!!

これから、これを買っておけば間違いないギアを紹介していきます!!

・シュラフ:コールマン(Coleman) パフォーマーⅢ/C5

価格:5635円

・マット:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット レジャーシート EVA フォーム マット

価格:2780円

・テーブル:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル

価格:1987円

・椅子:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ジュール ロースタイル イージーチェア

価格:3399円

・ランタン:コールマン(Coleman) ランタン バッテリーガード LED 600

価格:3991円

焚火の準備

いよいよキャンプの醍醐味焚火の準備です!

もちろんカセットコンロなど簡単なギアもありますが、やはりキャンプの醍醐味は焚火!ということで、できれば焚火をすることをおすすめします。

1. 周りの確認

焚火をする場合、周りに燃えやすいものがないか確認しましょう!タープやテントも素材により燃えてしまうため、注意が必要です。

2.焚火台をセット

安全確認をしたら焚き火台をセット。焚き火台の下に焚き火シートを敷くと、芝生などの地面に火が燃え移ることを防いでくれます。

3. 焚きつけの準備

着火剤、新聞紙などを焚火台の一番下にセットします。

上級者になると、薪だけで着火する人もいますが、初めての焚火をスムーズに行うためにも着火剤は使用することをおすすめします!

4. 薪をセットする

着火剤の準備ができたら、続いて薪をセットしていきます。

実際に薪を焚火台に置く前に、薪を三種類の大きさに割っていきます。

大きさの目安としては、

小:指一本分の細さ

中:指二本分の細さ

大:腕ぐらいの太さ

のイメージです。

上手く割ることができたら、小さい薪、落ち葉や松ぼっくりなど燃えやすいものを着火剤の上に置きます。その上には中ぐらいの薪重ねてください。このとき、空気の通り道を開けると火が付きやすいです。

補足:薪の種類は、大きく分けて「針葉樹」と「広葉樹」の2種類があり、それぞれ以下の様なメリットデメリットがありますので、用途に応じて使い分けてみてください!

・針葉樹:着火しやすいが、燃焼時間が短い

・広葉樹:燃焼時間が長いが、着火しにくい

はじめて焚火に挑戦してみる!という方には、着火のしやすい針葉樹がよさそうだね!

5. 着火する

材料を敷いたらいよいよ着火をしていきます!!

着火剤付近に火を付けますが、すぐに燃えて新すため、手袋をしておきましょう。チャッカマンのような柄の長いライターを使うとより安全に着火できますよ。

中くらいの太さの薪が燃え始めると、炎も安定していきます。炎が安定してきたら、必要に応じて大きい薪も追加していきましょう!

・焚火台:YOLER 折りたたみコンロ 

価格:3172円

・焚火シート:s-flowme(スフローム)TAKIBI SHEET

価格:1100円

・焚き火用トング:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ウッドグリップトング35cm

価格:1049円

・グローブ:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ソフトレザーグローブ

価格:2119円

・着火剤

価格:798円

・ライター:ソト チャッカマン フィールドライターターボ

価格:517円

・ナイフ:MOSSY OAK アウトドアナイフ シースナイフ

価格:4000円

キャンプ飯

ここまでで、2時間から3時間ぐらいは時間がたってると思います。

いよいよキャンプ飯です。

キャンプ飯は、何を作ってもOKです!!キャンプ中に食べるご飯は何を食べても特別なおいしさがあるからです!

BBQなどのオーソドックスなものから、アヒージョなどのおしゃれなもの、極端なことを言えばカップラーメンでもおいしく感じます。

ですので、皆さん各々自分なりのキャンプ飯にチャレンジしてみてください!

ここでは、どんな料理にも最低限必要なギアを紹介します!

・クッカー:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガスバーナーコンロ・クッカーセットM-6400

価格:6197円

シェラカップ:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)シェラカップ320ml

価格:980円

・包丁・まな板:良木工房YOSHIKI 竹製 包丁付まな板セット

価格:4195円

・カトラリーセット:CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) キャンピングスプーンセット

価格:720円

・スキレッド:LODGE ロジック スキレット 6-1/2インチ (16.5cm) 2個セット

価格:1999円

消灯・就寝

焚火やキャンプ飯など、思う存分楽しんだ後は、寝るもよし、テント内で映画を見たり、本を読んだりするのもキャンプの魅力の一つです。

しかしながら、就寝前にやるべきことがあります。それは、

1. 焚火の片づけ

焚き火は就寝前に必ず片付けておかないといけません。理由は、突風や野生動物の接触で焚き火台が転倒したり、風で火の粉が舞い、火災を起こす恐れがあるためです。

2. 食材の片づけ

キャンプ場には様々な野生動物がいます。ほとんどの動物は警戒心が強く、日中見かけることはありませんが、人々が就寝後、食べ残りがないかとキャンプサイトに食べ物を探しにきます。テント周りに食べ物があると、近くに食べ物が他にないかと探ってテントの中に入ってくる可能性もあるため、食材はしっかりと片付けるようにしてください。

ここまでやれば、ソロキャンプ一日目の終了です。

起床・朝食

ソロキャンプ二日目です!

目覚めの良い朝だとしても、朝から料理をしっかりするのは体力が必要になります!

スープとパン、昨晩の残りのご飯をアレンジするのが簡単かつ美味しい朝ごはんを食べれるコツです!

チェックアウトの時間を考えると、翌朝はそうのんびりすることはできません!

朝食作りに焚き火や炭火を使うと、火起こしと消火に時間がかかってしまうので、バーナーを使って調理するのがいいでしょう!

撤収

撤収は設営と逆の順番で行っていきます。

  1. 小物の片づけ

→まずは、焚火台や椅子、テーブルなど小物から片付けます。理由は、テントやタープは結露で濡れていることが多く、乾かすのに時間がかかってしまうからです。また大きなテントやタープをたたむとき、小物があると邪魔になってしまうことが多いためです。

  • テントの片づけ

→小物が片付いたら、テントの片づけを行います。この時、テントに水滴がついてないか確認しましょう。もし、水滴がついている場合は、カビの原因になりますので、その場でしっかりふき取るか、時間がない場合は、帰宅後しっかり乾かしましょう。

  • 忘れ物やゴミが残っていないか確認。

→午後からは、また新しいキャンパーが使います。自分も含め、みんながそのキャンプ場をまた使いと思えるよう、ゴミは残っていないか必ず確認して帰りましょう。 阿多は、チェックアウトして、初めてのキャンプの終了です。

まとめ

ソロキャン初心者の方は、この流れで行うことでスムーズにキャンプを楽しむことができると思いますぜひ参考にしてみてください!

慣れてきたら、少し面倒だと感じる事にもぜひ挑戦してみて下さい。日常では味わえない、充実したキャンプライフを送れるようになると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました